夫婦岩(二見ヶ浦)の夕日〜駐車場や混雑は?

スポンサーリンク
夫婦岩(二見ヶ浦)の夕日

夕陽の二見ヶ浦(ふたみがうら)といえば、福岡県糸島市を代表する観光スポットで「夫婦岩(めおといわ)」から見るサンセットが有名です。

二見ヶ浦(夫婦岩)には駐車場はあるのでしょうか?

また、夕陽時刻の混雑状況は?

気になることをまとめてみました。

桜井二見ヶ浦

所在地:福岡県糸島市志摩桜井

問い合わせ:092-322-2098(糸島市観光協会)

夫婦岩(二見ヶ浦)の夕日

櫻井大神宮(〒819-1304 福岡県糸島市志摩桜井4227)の神様が現れた場所だとされている

県道54号線岩戸宮(いわとぐう)は、海の神様に繋がる道だと言われています。

岩戸宮から直線で繋がれた場所が二見ヶ浦であり、櫻井神社の宇良宮(うらのみや)でもあります。

ここには、伊弉諾命(いざなぎのみこと)・伊弉冉命(いざなみのみこと)が祀られております。

夫婦岩(めおといわ)

海岸から150mほどの海中に屹立(きつりつ)しています。

向かって左側が高さ11.2m、右側が高さ11.8m、2つの岩(夫婦岩)には長さ30m、重さ1tの大注連縄(おおしめなわ)が張られています。

神聖なこの場所は、5月の大潮の干潮からもしっかりと守られているのです。

ロマンティックな夕日

夫婦岩(二見ヶ浦)の夕日

二見ヶ浦で見る夕日は、夏至の頃に限らず絶景です。

夫婦岩の間に沈む夕日は、厳粛で神秘的・・

言葉を失い、ただただじーっと陽が沈むのを見つめる多くの人々の心を静かに優しく癒していきます。

二見ヶ浦は日本の渚百選に選定されています。

駐車場

二見ヶ浦駐車場

所在地:福岡県糸島市志摩桜井

問い合わせ:092-322-2098(糸島市観光協会)

絶景を拝める場所から徒歩約2分、県道54号線を挟んだ場所に無料駐車場が設置されています。

約50台ほど駐車可能ですが、土日祝日などの混雑日の日没時には満車になってしまうことが多いです。

夕日を観に行かれる場合は、早めにお出かけされることをお勧めいたします。

自分は、日没時刻30分前くらいに到着したのですがすでに満車で駐車列ができていました。

しばらくすると、どうにか駐車できましたが、空きがない場合はせっかくの夕日を車の中から観る羽目になってしまいますので、時間に余裕を持ってお出かけください。

駐車しやすいポイントとしては左折で駐車場に入ることです。

混雑すると右折で入るには厳しい状況で、一度、Uターンして駐車列に並場なければいけません。

時間を無駄にしないためにも左折で入庫されることをお勧めいたします。

夫婦岩(二見ヶ浦)の夕日

また、二見ヶ浦駐車場からすぐの場所に「有料駐車場」もあります。(マップ参照)

矢印の方向でくると、有料駐車場が先にある感じですので、こちらを利用されるのも良いですね。

夕刻は、有料・無料ともに満車ですのでお伝えしておきます!!

混雑状況

  • 御神体を祀る聖地である
  • 糸島の観光スポットである
  • 日本の渚百選に選定されている
  • デートスポットになっている

ということからもわかるように、週末や連休、夏季はとても混雑します。

日没が近づくと、駐車場だけでなく、周辺の54号線が渋滞します。

無料駐車場は限られていますので、混雑日に行かれる場合は早めに到着するよう、お出かけください。

また、近隣にはカフェが立ち並んでいます。

カフェで食事をしながら美しい日没を堪能するという楽しみ方も可能です。

駐車場も確保できますしね!

しかし、近隣カフェも日没時刻が近づくにつれ満席となってしまいますので、いずれにせよ早めの到着がオススメです。

二見ヶ浦、夫婦岩の間に沈んでいく夕日を、ぜひ大切な方と一緒にぜひご覧ください。

夫婦岩(二見ヶ浦)の夕日~駐車場や混雑は?を最後までお読みいただき、ありがとうございました。